粗大ごみ以外での家具の処分方法

query_builder 2022/08/08
コラム
30

ライフスタイルの変化や転勤など、さまざまな理由で家具を処分した経験があるでしょう。
基本的には粗大ごみとして廃棄しがちですが、実はそれ以外にも目的に合わせていろいろな方法があるんです。
そこで今回は、粗大ごみ以外での家具の処分方法について紹介いたします。

▼粗大ごみ以外での家具の処分方法
■買い替え時に店舗で引き取ってもらう
店舗によってはそこで購入した家具なら、古いものを引き取ってくれるサービスがあります。
「買い替える予定があるけど処分に困ってる」という方におすすめです。
利用される際は、引き取りが無料なのか有料なのかを事前に確認しておきましょう。

■家具買取サービスの利用
家具の状態が良い場合は、買取サービスを利用すると高値で売却可能な場合があります。
「使わなくなったものを少しでも売却したい」という方におすすめです。
持ち込みが可能であれば、リサイクルショップで査定してもらうこともできますよ。

■不用品回収業者の利用
不用品回収業者に依頼すれば、手間をかけずに処分ができます。
有料にはなってしまいますが、家具の運び出しが困難な場合にもおすすめの方法です。
事前にHPなどで確認しておくと、安心して依頼できますよ。

▼まとめ
粗大ごみ以外での家具の処分方法は、買い替え時に店舗で引き取ってもらう・買取サービスの利用・不用品回収業者への依頼です。
処分作業は重労働ですので、上記を参考に目的に合わせて処分されてみてくださいね。
堺市を中心に活動している「おかたづけ本舗You」では不用品回収をはじめ、遺品整理なども対応しております。
豊富な料金プランをご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

NEW

  • 堺市で遺品整理作業をさせていただきました!

    query_builder 2022/03/08
  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2022/02/25
  • 生前整理はいつするのが最適なのか

    query_builder 2022/10/01
  • 形見の処分の仕方について

    query_builder 2022/09/15
  • 形見と遺品の違いについて

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE