形見の処分の仕方について

query_builder 2022/09/15
コラム
34

形見といっても、さまざまなものがあります。
そのため、どのように処分をしたら良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。
そこでこの記事では、形見の処分の仕方を紹介していきます。

▼形見の処分の仕方
■家族と相談する
形見を処分する時は、事前に家族みんなと相談をするようにしましょう。
形見とは遺品の中でも故人を思い出す大切なものとして、残しておきたいと思うものです。
しかし、人によって思い入れは異なります。
そのため大切な物かどうかを、しっかりと家族間で確認しておくことが大切です。

■買取してもらう
形見を分けて残ったものは、買取できるものは買取してもらうと良いでしょう。
例えば、宝石や貴金属・骨董品・本・衣類などです。
古い家電であってもネットで買取してくれる場合もありますので、確認してみると良いでしょう。

■業者に依頼する
どうしても形見の処分ができない場合は、業者に依頼をするのがおすすめです。
遺品整理の業者は経験が豊富ですので、適切に整理と処分をしてくれますよ。

▼まとめ
形見の処分をする時は、まずは家族としっかりと相談しておくことが大切です。
自分にとっては思い入れがないものでも、ほかの方にとっては形見として残しておきたいものかもしれません。
もし形見を分けて残ったものは買取をしてもらったり、業者に依頼したりすると良いでしょう。
弊社ではお客様としっかりと相談をして、ご要望に沿う遺品整理をさせていただいております。
大切な形見があるという方は、ぜひご相談ください。

NEW

  • 堺市で遺品整理作業をさせていただきました!

    query_builder 2022/03/08
  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2022/02/25
  • 生前整理はいつするのが最適なのか

    query_builder 2022/10/01
  • 形見の処分の仕方について

    query_builder 2022/09/15
  • 形見と遺品の違いについて

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE